アトピー肌のボディソープ市販品の特徴とおすすめ10選

アトピー肌のボディソープ市販品の特徴とおすすめ10選 アトピー

管理人yasuです。

アトピーの原因はボディソープではありませんが、自分の肌に合わないボディソープを使うのはアトピーが悪化するのでボディソープ選びは慎重に行いたいものです。

毎日使うものだから間違った選び方をしないようにしましょう!

今回は、大人のアトピーにボディソープの市販品の選び方とおさえておきたいコツについてお話したいと思います。

アトピーのボディソープの特徴

大人アトピーの石鹸選びのコツ

日本で石鹸が売り出されたのは1873年だそうなので、約149年の歴史があります。

人類の歴史から考えると、日本の石鹸の歴史はとても短いので、日本人に石鹸の必要性があるかと問われると必需品とは言えない。

しかし、石鹸に慣れ親しんできてしまっている私たちは、毎朝の洗顔やお風呂で石鹸を使わないという選択肢は無いと思う。

更に液体ボディソープはいつ頃生まれたかというと、一番古いとされる商品は、1972(昭和47)年に牛乳石鹸が発売した「マイホープ・ボディバブルス」のようです。

たったの50年しかたっていませんね!※僕の方が年上です(笑)

その後、各メーカーからいろいろな液体ボディソープが発売されました。

その背景には、各家庭の浴室にシャワーがつき、季節によってはシャワーだけで済ませる人が増えてきたという事情もありました。

私は今でこそ、アトピーの症状はわりといいので、朝はお湯で軽く顔を流す程度で大丈夫です。

その後、保湿クリームや牧瀬クリニックから頂いている「リカバリー・ビオ・ウォーター」などで保湿するくらいです。

しかし、アトピーがかなり酷いときは、朝はいわゆる朝シャンをして、しっかり全身に軟膏を塗り、夜も帰ってきてすぐにお風呂に入ってました。

一日2回も洗顔し、そのたびに石鹸は使っていました。

私は現在自然派志向なので、化学物資は出来るだけ使わずにいたいと思っています。

なので、石鹸やボディーソープも出来れば使わず、お湯で流すだけが一番いいと思っています。

しかし、石鹸やボディーソープ、シャンプーを使わないと、フケが目立ったりして精神的に良くないと今は感じています。

アトピー肌を清潔に保つという意味でも、前に塗った軟膏をきちんと流す為にも正しい石鹸やボディーソープ選びは大切だと思います。

液体ボディソープの成分

石鹸の成分は大きく分けて二つ

固形石鹸は、小さくなると使いずらいし泡立ちが悪くなりますよね。

しかし、液体ボディーソープは、最後まで同じように使え、時間がない時にもさっと泡立ち、扱いやすく便利、という点が受け入れられたようですね。

液体ボディーソープの成分では、石けん系のものと、石けん以外の界面活性剤系のものに大別されます。

石けん系は固形石鹸と同じような洗い上がりで、弱アルカリ性でさっぱりとした感じに仕上がります。

界面活性剤系は中性~弱酸性のものが多く、しっとりした洗いあがりが特徴ですね。

主に、固形石鹸の原料はアブラヤシ油、牛脂のような固体油脂ですが、液体ボディソープ(石けん系)はヤシ油などの液体油脂が原料となります。

また、液体ボディソープは洗浄という本来の機能以外の機能を付け加えた商品もあります。

殺菌剤を加えて汗や皮脂による匂いを抑えたり、メントールなどの清涼剤を加えた商品が有名ですね。

肌のべたつきを抑えるパウダー配合タイプは暑い季節に湯上がりに爽快ですね。

ウォータープルーフの日焼け止めもしっかりと洗浄できる夏向けの商品などもあり、いろいろと選び分けている方も多いのでは?

アトピー肌のおすすめボディソープ10選

「キュレル 泡ボディウォッシュ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キュレル 泡ボディウォッシュ [本体]
価格:990円(税込、送料別) (2022/4/30時点)

楽天で購入

 

 

「ミノン全身シャンプー 泡タイプ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミノン MINON ミノン全身シャンプー泡タイプ 500ml [622488]
価格:1520円(税込、送料別) (2022/4/30時点)

楽天で購入

 

 

「薬用ユースキンS ボディーシャンプー」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

薬用ユースキンS ボディシャンプー 500ml (敏感肌用 全身洗浄料) 【医薬部外品】
価格:4380円(税込、送料別) (2022/4/30時点)

楽天で購入

 

 

「ロート製薬 ケアセラ」

 

「薬用素あわ 泡タイプ」

 

「ノブフォーミングソープD」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★送料込★ノブ フォーミングソープD(400ml)
価格:2860円(税込、送料無料) (2022/4/30時点)

楽天で購入

 

 

「シャボン玉 無添加ボディソープ たっぷり泡」

 

「BOTANIST ボタニカルボディーソープ (モイスト)」

 

「hadakara(ハダカラ) ボディソープ」

 

「カウブランド 無添加ボディソープ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

牛乳石鹸 カウブランド 無添加 ボディソープ ポンプ付(550ml)【ACos】【カウブランド】
価格:671円(税込、送料別) (2022/4/30時点)

楽天で購入

 

 

おわりに

おわりに

土佐清水病院に入院したときは、病院には花王の普通の石鹸がおいてありました。

土佐清水病院は、ステロイドは上手に使うようにしてアトピーを楽にする考えでしたので、ステロイドを使えば石鹸は何でも良かったようです。

今は、牧瀬クリニックが主治医なので、牧瀬先生はステロイドは使うが出来るだけ自然に近いほうが良いという事で、石鹸もご自身で開発されています。

私は一度使いましたが、あまりピンと来なかったので、今は使っていません。

その石鹸を使っていないことにお咎めは無く。牧瀬先生の「患者ご自信の判断を優先」というお考えがとても好きです。

アトピーをうまく乗り切っていく為に、治療に掛かるお金も大事な観点だと思っています。

なにか、アトピーに良いもの、今回の場合は石鹸ですが、高価なものが多いと感じませんか?

高くて良いものも世の中にはありますが、一般人には手が届かないような金額の石鹸は如何なものかと思います。

一般的な価格で、自分に合う石鹸に出会えることを祈っています。

最後までご覧頂き有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました