アトピーの浸出液が酷い傷にキズパワーパッドがよかった話|50代患者の体験

アトピー

管理人yasuです。

あなたのアトピーは悪くなる季節は決まっていますか?

日常生活に支障はきたさない私のアトピーですが、花粉症の方と同じ時期にアトピーの症状が若干悪くなりますね。

6月も終わりを迎える最近ようやく、軽い痒みから逃れられるようになって来ました。

今回の記事では、ジョンソン&ジョンソンから発売されているキズパワーパッドについて、アトピーにどうかと言う話をします。

結論から言うと、20代からずーっと良くならない左肘の外側にある瘤のようになってしまった箇所にキズパワーパッドがぴったり合いました。

どんなに強いステロイドを使って包帯をぐるぐる巻きにしてもジュクジュク浸出液が出たままで治らなかった私の左肘。

ふとしたきっかけで、キズパワーパッドを試すようになってから快方に向かっています。

アトピーの浸出液が酷い傷にキズパワーパッドがよかった話

アトピーの浸出液が酷い傷にキズパワーパッドがよかった話

私の左肘の瘤のようになってしまった私のアトピーのキズは、20代からかれこれ30年近く存在しています。

牧瀬クリニックで全体のアトピーは快方に向かいましたが、左肘だけは何をしても良くなりませんでした。

痺れを切らした牧瀬先生が、ちょっと悪いできものだとまずいので近所の皮膚科に行って皮膚生検の相談をして欲しいといわれました。

皮膚の悩みで診てもらっている患者に対して「皮膚科に行って来い」という牧瀬先生は傍から見ると変わっているように見えますね。

痒み止めの抗ヒスタミン剤も出せるけど、保険が利かないので近所の皮膚科に行って貰ったほうが安からと皮膚科に行くのを勧められる始末。

牧瀬先生の患者第一の精神が見受けられるエピソードですね。

そして、近所の皮膚科に左肘のことだけで尋ねたのは、2014年の初め頃。

私はまじめに、牧瀬先生に言われたとおり、悪い腫瘍かも知れないので生検して欲しいといったら、紹介状も無く、始めて診察するのにいきなり生検なんて出来ません。

と、ちょっと怒り気味に、まずは私に治療させてくださいという事になりました。

キズパワーパッドに辿りつくまで

キズパワーパッドに辿りつくまで

それから約2年間、塗り薬から飲み薬、様々な貼り薬、あれこれ薬を処方していただきました。

毎週通院していましたが、先生には、きちんと薬も飲んでくれるし、毎週来てくれるので治療している側としてもやりやすいといわれました。

患者の中で特にお年寄りなどは薬の飲み忘れが多く、結果が分かりにくくて困るとの事。

しかし、私の左肘のキズはなかなか快方には向かわず、先生をてこずらせていました。

そんな中、肌色のシート(ドレニゾンテープ)が処方されて、目に見えては良くならないのですが、私の実感としてこれが合うのでは?という思いがありました。

肌色のシート(ドレニゾンテープ)は少し大きめで、自分で切って使うものでした。

アトピーにキズパワーパッドはありか?

アトピーにキズパワーパッドはありか?

そんなある日、勤務先での世間話の中で、少年野球チームのコーチをやっている方から、キズパワーパッドが凄いという話を聞きました。

何でも、子供と同じ日にキズを作ってしまったので、お互いキズパワーパッドを貼ったそうです。

翌週そのお子さんに会ったコーチは、キズパワーパッドはずーっと貼ってなきゃダメなんだよ!と言ったところ、「もう、治ってるよ」との回答。

勤務先の同僚は、キズパワーパッドの威力に唖然としたことと、さすがに若さには敵わない・・・と一言。

そのことと、褥瘡(じょくそう)にサランラップで密封して行う治療法があるのを知り合いから聞いていたので、あっ!と思いました。

私の左肘のキズが褥瘡(じょくそう)に似ていることもあったので、毎週皮膚科に通う時間と費用を考えたらキズパワーパッドを試してみる価値はあるのでは無いか?と。

キズパワーパッドの威力

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンドエイド キズパワーパッド(10枚 or 6枚 or 3枚)×1個
価格:760円(税込、送料別) (2019/7/1時点)

楽天で購入

 

 

早速、キズパワーパッドを購入して貼ってみました。

これはいけるかも?と直感しました!

かさぶたが出来なくなっている私の左肘の瘤は表面がひりひりと傷みます。

ちょっと何かにぶつかるとすぐに出血して大変な事になります。

しかし、キズパワーパッドを貼ると、皮膚科で処方された肌色のシート(ドレニゾンテープ)より厚みがあり、しっかりしていて皮膚が、かなりガードされて非常に安心しました。

キズパワーパッドを貼ってから三日目で、膿がたまり、キズパワーパッドのふちからあふれて悪臭を放っていたので、すぐに交換しました。

この治療法を始めて約2年ほどで、キズパワーパッドのお世話にならなくても傷口が乾燥して、自力でかさぶたが出来るようになりました。

アトピーの浸出液が酷い傷にキズパワーパッドがよかった話|おわりに

アトピーの浸出液が酷い傷にキズパワーパッドがよかった話|おわりに

私の左肘のキズに自力でかさぶたが出来るようになった頃、家庭の事情で引越しをした私は、普段から通っていた銭湯に行けなくなり天然温泉に通うようになりました。

それからは、私の左肘の傷口は週に一枚づつかさぶたが剥がれて、傷口が少しずつ小さくなってきています。

今までの傷口の病歴を考えると、完治まではあと何枚かさぶたを作れば自然な肌に戻るか分かりませんが、快方への道筋は見えました。

キズパワーパッドは安くないので、全身のアトピーには使えないと思いますが、キズパワーパッドの大きさで隠れるような傷には抜群ですよ。

キズパワーパッドが無かったら、私の左肘は今頃どうなっていたのだろうと思うとぞーっとしますね。

最後までご覧頂き有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました