食べログのキャンセル料はいつから?予約が簡単だからこそマナーを守ろう!

食べログのキャンセル料はいつから?予約が簡単だからこそマナーを守ろう! 食べるもの

こんにちは、yasuです。

食ベログでお店を予約したんだけど。

キャンセル料いつから発生するんだろう?

こんな悩みを解消します!

食べログは飲食店選びで失敗したくない人のための、 「ユーザーの、ユーザーによる、ユーザーのためのランキングと口コミで探せるグルメサイト」として有名ですね。

食べログは、日本全国の飲食店を無料から登録できて、ユーザーからのリアルな情報を集めて私たちにグルメ情報を共有してくれる便利なサイトですね。

食べログでは予約が簡単に出来る半面、キャンセルのときにうっかり連絡を忘れてしまうとキャンセル料が掛かるので気をつけましょう!

出張先で、お店探しに困った時や、大事なお客様の接待に失敗しないよう、活用させて頂いている食べログについてキャンセル料いつからかかるかまとめてみます。

食べログのキャンセル料はいつから?予約が簡単だからこそマナーを守ろう!

食べログのキャンセル料はいつから?予約が簡単だからこそマナーを守ろう!

食べログで予約したお店のキャンセル料がいつから発生するかについては、お店ごとに違いますので予約時にしっかり確認しましょう。

予約時に確認し忘れた場合には、キャンセルが決まった時点で出来るだけ早くお店にキャンセルの連絡をしましょう。

飲食店の予約キャンセルは経営に重大な被害がある

私はホテル勤務をしていたので、お客様の予約のキャンセルによる被害が店舗経営に及ぼす影響の重大さは良く知っています。

ホテルでは予約の日にちを間違えて、前倒しで来てしまったお客様がいました。

その場合は、お部屋さえ開いていれば宿泊していただけますが、満室の場合は他のホテルをご利用いただくことになります。

飲食店もお席が空いていればいいですが、繁忙期などはどうしようも無いでしょう。

忘年会や新年会で居酒屋さんを予約するときは幹事さんは大変だと思いますが、調整に尽力してください。

ドタキャンでも必ず連絡を入れましょう

人間なので、体調を壊す場合もあれば、なにか急用が入ることもあるでしょう。

その場合は、必ずお店にキャンセルの連絡を入れましょう。

キャンセル料に関しては当然規定もあるのでしょうが、お互い誠意を持ってことに当たるべきだと思います。

ホテルの場合も、一番多いドタキャンはお子様の急な病気。

楽しみにしていた旅行なのに、家族の落ち込みようは簡単に想像できますよね。

ホテルでは予約前にキャンセル規定はお伝えするのですが、予約するときはまさかそんなことが起こるとはあまり考えていない様子。

なので、皆様あまりキャンセル規定については真剣に聞いていない感じを受けますね。

ノーショーは絶対にやめましょう

最近テレビで、外国の方がパーティーの予約で20人ほどの予約を飲食店に入れたものの、当日連絡も無く現れず甚大な被害を受けた番組を見ました。

20人前の料理を用意し、人員を揃えてスタンバイしているお店の方々の落胆を考えると泣けてきます。

食べログお店を予約するときでも、お店に直接連絡して予約を入れるときでも同じです。

無断でキャンセルするのはやめましょう。

突発的な事故でキャンセルするのは仕方の無いことですが、予約を入れて連絡も無しに現れないのは損害賠償請求されてもおかしく無い行為ですね。

ノーショーは、ホテルや航空会社での業界用語のようです。

お店としては、飛行機チケットのように前払いでお金は頂いていないので、泣き寝入りとなる場合が多い。

私がいたホテルでも、月に何組かはキャンセル料が発生するケースがあり、事務員が請求書を送っているのを見たことがあります。

ちいさなお店であればあるほど、キャンセルによる被害は大きいので食べログで予約を入れるときには最新の注意を払いたいものですね。

お店が出来るキャンセル対策

始めたばかりのお店に場合は少しでも売り上げが欲しいので、お客様に対して甘くなってしまい勝ちになってしまうのは分かります。

しかし、経営を圧迫する、ドタキャンやノーショーに対策を講じるのも経営者の責任でないでしょうか?

絶対にドタキャンやノーショーを無くす方法は無いでしょうが、少しでも減らせる方法を模索したいと思います。

予約時に支払いを済ませる

一番いいキャンセル対策は予約を頂いたときに半金でもいいので、前払い金を頂くべきでしょう。

お店のホームページに「5名以上のご予約は事前に半金のお支払いをお願いしております」と、設定しておけば予約の確認の際にも言いやすいのではないでしょうか?

直前にも確認の連絡を入れる

ホテルでも、一ヶ月以上前からの予約に関しては、宿泊日の二週間前になったら確認の電話をします。

お客様は日々いろいろな事が起こっているので、つい忘れてしまうってことも無いことではないでしょう。

最近は電話を嫌がる方も多いですがここは心を鬼にして経営方針として打ち出すべきでしょう。

メールと電話の両方で確認を取る

メールで予約してきた方には電話を、電話で予約された方にはメールをしましょう。

ご年配の方の場合、メールアドレスがない方もいらっしゃるので、その場合仕方無いですが、ホテルでは確認の手紙を送っていましたね。

メールでご予約されたお客様には、電話をかけると親近感が沸くのでキャンセル率を減らせる効果もあると思います。

徹底的にわがままなお店になる

究極は予約を受け付けない店舗運営に徹する。

私の在籍していたホテルでは100%無理な発送ですが、街中の飲食店でしたらやってみる価値はあるかもしれませんよ。

他には一見様お断りにしてしまう。

これもなかなか勇気のいる経営判断ですが、いつかは視野に入れたいところですね。

食べログmatome (食べログまとめ)

外食経験豊富なレビュアーの皆様が自由なテーマでお店リスト(まとめ記事)を作成し、口コミを発信できるサービス。

ちょっと覗いてみてみると、写真も文章もレベルが高い!!つい行ってみたくなるような上手な口コミが多いです。

絶対に外せないデートや、接待の時は、食べログまとめをくまなく探します。

やっぱり食あっての生活、楽しみは多い方がいい。

ちょっと気になったのは、【一人飲み】のキーワードのまとめが多いような・・・。

食べログのキャンセル料はいつから?おわりに

食べログのキャンセル料はいつから?おわりに

実際に、写真を撮って、食べてみて、感想を口コミに書き込んでくれるユーザー様に感謝です。

使い方では、特に、キーワードで検索できるのが、便利ですね。

「写真ではおいしそうに見えたのに・・・。」「コメントに騙された!!」

なんて事が無いように、これからも飲食店の情報集めんいは【食べログ】のお世話になります。

忘年会に新年会など、食べログを活用しての飲食店選びや予約は便利で楽しいもの。

インターネットを利用したサービスで便利になったとはいえ、何をしてもいいわけではないですよね。

食べログを使って飲食店の予約を入れたもののキャンセル料が問題で弁護士さんのお世話になったなんて自慢できる話ではないので。

食べログを利用して、楽しく飲食店を探しましょう。

最後までご覧頂き有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました