卵でアトピーが悪化? 大人になって感じること|50代患者の意見

アトピー

こんにちは、yasuです。

私は、物心ついたときから肌が痒かったのですが、特に食べ物のアレルギーは無かったようです。

何かを食べたときに痒くなるというよりかは、夜寝るときに布団に入った後が特に痒かったと思います。

今思えば、私のアレルゲンは、ハウスダストなので、卵は食べてもアトピーには関係ありませんでした。

この記事では、大人のアトピーと卵の関係についてまとめてみたいと思います。

卵でアトピーが悪化? 大人になって感じること|50代患者の意見

卵でアトピーが悪化? 大人になって感じること|50代患者の意見

私が、ホテルに勤めているときのお客様で、アレルギーのある方がいらっしゃいました。

その時の、お客様とのやりとりはこんな感じでした。

お席にご案内いたします。

 

ありがとうございます。実は息子がアレルギーでして・・・。

 

そうですか。では何のアレルギーかお伺いできすか?

 

卵・牛乳・小麦・そば・甲殻類と・・・

 

・・・あっ、はい。(T T;)ちょっとメモを持ってきます。シェフに確認しますのでしばらくお待ちください。

と言う感じで、ホテルのバイキングでは食べられるものがほとんど無く、別メニューをシェフに頼みました。

この時感じたのは、このお子さんはこのまま食べ物を制限しながら生きていくのは大変だなと。

自分は、アトピーだけど、食べられないものはこんなに種類は無く、幸せかもしれない。

今では、季節的な要因でアトピーの症状に多少の変動はありますが、日常生活に不便はありません。

卵料理も好きな食べ物のうちに入るし、毎日のように食べてます。

大人になってから急にアトピーになった方は、卵アレルギーを疑った方がいいかも知れませんが、アトピーは何かを食べてすぐに発症するものではないですね。

いろいろな要因の蓄積というか、何がアトピーの原因か特定しづらくて、非常に分かりづらいところがあるので厄介ですよね。

卵はアトピーの原因じゃない

卵はアトピーの原因じゃない

私は、幼い頃からのアトピーで体感的に、卵は食べても自分のアトピーに関係が無いと思っていました。

この記事を書くに当たり、もう一度、アトピーと卵について調べていたら下記の記事を見つけました。

アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関連についてはかなり以前より議論されています。「卵や牛乳を摂取するから皮膚が痒くなる」という発想でした。近年、アトピー性皮膚炎の病態として「皮膚のバリア機能障害」が重要視されてきて、防御能力の低下した皮膚から卵などの食物抗原が侵入して、その結果、特異的IgEが産生されてくる、という考えです。これが「経皮感作」です。

「卵を食べてアトピー性皮膚炎になるというよりも、アトピー性皮膚炎があると卵アレルギーになる危険性が高まる」という説です。まだ仮説の段階です。しかし、この考えはアレルギーマーチ(:次から次に、アレルギー疾患が発症する)を起こさないためにも、とにかく早い段階から、スキンケアなどがとても重要だということを意味しています。

出典:アトピー性皮膚炎/アレルギー科/診療のご案内 |医療法人イルソーレ 時計台クリニック 最近の話題*経皮感作説*

長年アトピーを患ってきた私は、この経皮感作説の考えには大賛成です。

NHKのあさイチでやっていた「食物アレルギーの新常識」も同じような考えだと思います。

詳しくは下記記事に書いてあるので参考にしてください。

アトピーに納豆は良いか悪いか?|50代男性患者の意見

何を食べたかに関係なく、常に肌が乾燥していて痒いのが私のアトピーの特徴。

汗をかいて水分を失うのではなく、肌から水分が勝手にどんどん蒸発しているような感じがします。

「皮膚のバリア機能障害」を起こす原因は、遺伝なのか、もともとの体質なのでしょう。

卵がアトピーの原因ではないので、これからも卵は栄養豊富な食品として食べていきたいと思います。

卵を食べるときの注意点

卵を食べるときの注意点

私の主治医の牧瀬先生は卵に関して、絶対に控えなさい!とはいいません。

しかし、アトピー治療に大切なビオチンというビタミンの吸収を邪魔することを懸念し、特に卵の白身に気をつけた方がいいとおっしゃています。

ビオチンは楽天でも買えますよ!

 

せっかくアトピー治療にビオチンなどのサプリメントを取り入れたとしても、卵白によって阻害されては意味無いですね。

いくら、卵を食べてもアトピーに大丈夫だからと言って、毎食、卵かけご飯と言うのは良く無いですよ。

私も卵かけご飯は好きなので、たまに食べたくないますよね。

食べ過ぎ自体もアトピーには良く無いと思いますが、ひとつのものを多く取り過ぎるのも危険ですよね。

アトピーに限らず、栄養の偏りになるので気をつけましょう。

アトピーもちの場合せいぜい、卵は一日一個くらいがいいのではないでしょうか?

卵でアトピーが悪化? 大人になって感じること|まとめ

卵でアトピーが悪化? 大人になって感じること|まとめ

私はアトピーで生まれたお陰で、病気について、薬について、健康について、そしてお医者様について、いろいろ勉強させてもらいました。

同年代の中では、病気はお医者様が薬や手術で治してくれると思っている友人も多いです。

私は、大学病院に通っても、この辛いアトピーの痒みから大人になっても完全に開放されることはありませんでした。

お医者様で駄目ならと、様々な民間療法などを経て、現在、自分でアトピーをコントロールできるようになってきたと思います。

テレビなどでは、生活習慣病予防についてカロリーやコレステロールについていろいろ見かけますよね。

この記事のテーマの卵ですが、コレステロールを多く含んでいます。

しかし、実は卵2個でもエネルギー量はたったの166Kcalだそうです。

茶碗一杯のご飯よりカロリーは少ないのです。

自分の体は、食べたものから作られていることを忘れずに、食事に十分気をつけることでアトピーも軽くなると思います。

最後までご覧頂き有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました